koyuki. fujifilm log

富士フイルムのカメラとレンズの感想文みたいなブログ

My 1st X

今回の話題「My 1st X

自分の初めてのXシリーズはX-Pro1

Xマウントのスタートを切るカメラがこのX-Pro1で本当に良かったと思ってる

まぁ手に入れた当時はこのカメラの価値をほとんど理解してなかったけど…

 

 

f:id:music_to_camera:20221204074107j:image

 

 

富士フイルムXマウントX-Pro1でスタートしたの素敵だと思う

多数に媚びない姿勢(個人の感想)がホント好き

 

だって2012年と言えば

CanonがEOS-1DX

f:id:music_to_camera:20221204202344j:image

NikonがD4

f:id:music_to_camera:20221204202401j:image

SONYがα99

f:id:music_to_camera:20221204202419j:image

OLYMPUSがE-M5

f:id:music_to_camera:20221204202439j:image

そしてPENTAXはミラーレス一眼のK-01

f:id:music_to_camera:20221204202540j:image

 

などなど

後世に残る名機達がひしめき合う2012年

CanonNikonSONYの3社は五輪での報道記者向けフラグシップを更新する勝負の年

まだまだ一眼レフ全盛期

ミラーレスは少ないシェアの中模索してユーザーを地道に増やしていこうという時

そんな中、一眼カメラ市場に切り込みに行った富士フイルムX-Pro1

しかもキットレンズが全て単焦点

 

最高だよ、ホント

如何に早く如何に成功率が高いかを競う業界を他所に1枚ずつしっかり撮ろうねーってカメラで登場

 

もちろん最初はレスポンスが悪いだのマクロのボタンが意味わからんだの賛否両論だったそうだが…

この10年、富士フイルムが作りたいものを作ってきてくれたおかげで今自分が楽しく写真や動画を撮ることが出来ているのだと思うと…

 

ありがとう富士フイルム!!

 

の気持ちでいっぱいだよ

 

友達にも自信を持って良いものだと勧めることが出来るし、使うこと持ち出すことに迷いもなければ憂いもない

そんなカメラたちを世に送り出してくれて本当に感謝ばかり

 

仕事上、他のカメラのことを知る必要があるしその中で魅力的に感じるものもたくさんある

それだけ各社より良いものを出そうと頑張っているんだと思う

その中でしっかりとユーザーの気持ちを掴んできた富士フイルムもとても素晴らしいメーカーだと思う

 

これまでの10年を楽しませてくれた富士フイルムのこれからの10年を楽しみにしてる