koyuki. fujifilm log

富士フイルムのカメラとレンズの感想文みたいなブログ

バランスのいい関係

小雨降る中、職場のベランダでタバコ吸いながら記事を書き進めてる(12/6)

カメラを使う前撮影中、また機材の近くでは基本吸わない

買取査定額が下がるから

タバコ臭はかなり減額になるからみんなも気をつけて

 

冬の雨って身体に堪えるけどこの分厚いグレーの空はちょっと落ち着く

 

こういう日ってなかなか写真撮りに行こうって気にならないけど、夜は夜で路面の反射とか綺麗だし湿った空気の中で撮る写真も良いよね

 

さて、仕事に戻るか

 

-----------------------------------

 

さて今日の話題「バランスのいい関係

 

これは自分が撮影に使用している機材

GFX50SⅡX-Pro3のことなんだけど

この2台どちらもスチル向けカメラの色が濃いけど動画でも使ってる

 

とはいえ動画機としてはスペック的にも使い勝手から見てもどちらも動画に不向きであるのは使えば使うほどよーくわかる

特に不便さを感じているのはGFX50SIIには17:9、いわゆるシネマ比率がない

なので長辺側がケラれるのを見越して広めに撮って編集で17:9に合わせる

MVシネマ比率だとかっこいいのでGFX50SIIでも17:9で撮影できたら嬉しかった

 

まぁ撮れないことはないので工夫次第では満足できる仕上がりになる

それに動画でもラージフォーマットの恩恵はでかい

ノイズ耐性ディティー等の質感描写は動画でも圧倒的

作品として撮影するならGFXはもはや自分にとって必須

 

しかし毎度毎度作品撮りをするわけでもない

日常的に持ち出せるほどの気軽さはGFXに感じていない

そこをうまく埋めてくれるのがX-Pro3

 

X-Pro3ならば気兼ねなく持ち出せる

いついかなる場にもカバンに忍ばせて持ち出すこともできる

それは機動性の高いサイズ感だからと言う理由だけではなく

かっこいいから持ち出したいという気持ちの部分がデカい

もちろん撮れる写真も満足できる

 

f:id:music_to_camera:20221206215308j:image

 

今この2台体制に満足している自分がいる

 

GFXを持ち出せばたちまちガチな撮影

X-Pro3であればよりラフに多くの写真を残せる

 

それぞれがしっかりとそのモードにさせてくれる

写真を撮るという行為をより楽しくしてくれる

 

2台体制を推奨する記事ではないが、自分史上この2台は最高に撮影が楽しい

 

ボディが常に複数台(複数メーカーの場合もあり)あるというのも普通のことではない

この記事を読んでくれている人たちの半分以上は驚いているかもしれないが

もう半分くらいの人たちはボディは1台しか持っていないことの方が多い

 

それを踏まえて改めて言うけど

GFX50SIIとX-Pro3、この2台体制は最高

普通でいいんだよ、普通で

昨日のX-Pro3の記事へのアクセスがとても多くて

ああ、みんなX-Pro3好きなんだな

って思った

かっこいいよね、X-Pro3

触るだけでもニヤニヤしちゃうのに構えたらもう興奮するよ←

冗談抜きでほんと良い相棒

 

--------------------------------------------

 

さて今日はXF27mm F2.8 R WRのお話

 

普通でいいんだよってのはXF27mmWRの描写の話

まぁ普通だなっていう画を安定して生み出し続けることができるいいレンズ

日常的な撮影に適していて、それはサイズ的にも適していると言える

つけっぱなしにして持ち出して、ボケ量が欲しい時やよりワイドな画角が欲しい

そんな時だけ別のレンズをつければいい

それくらいXF27mmWRは楽で気軽で普通なレンズ

 

f:id:music_to_camera:20221205223149j:image

 

X-Pro3  XF27mm F2.8 R WR

 

ムシノスクツってのは窓開けっぱなしだからこれもう家の中虫だらけじゃん…

って引き気味に思ったからなんだけど

後日別の角度から見たら、ここ家というか作業場みたいなとこだった

 

この描写を見て正直なんもピンと来ないんだよね

解像度の高さも感じないし、かといって収差が酷いわけでもない

普通で無難で安定している

そんなレンズ

 

このレンズはWRになる前の頃からX-Pro1X-E1につけて持ち出していた

特にX-E1との組み合わせは良かったな

絞りリングがないからボディのダイヤルで操作するんだけどダイヤルも少ないからできることが限られて逆に撮影をシンプルに考えることができた

 

先日のX-Pro3の写真で、X-Pro3につけているのがXF27mmWR

なんやかんやこのレンズお気に入りなのだ

フードは純正ではなくオリエンタルホビーで販売されている専用メタルフード

oriental-hobbies.com

 

このページにも書いてあるんだけどXF27mmって昔からフィルターでっぱる問題があって

フィルター枠が厚みがあるせいでフィルターつけると携帯性やや落ちる上にダサい(個人的感想)

でもこのメタルフードはフィルターをつけた上からフードを装着できる

フィルターのでっぱりを上手く隠しつつフードも装着できるから見た目を気にする人からしたらパーフェクトに近い

 

小さくて軽くて寄れないしあまりボケないし写りは普通

それでもついつい使っちゃうレンズ

それがXF27mm F2.8 R WR

 

 

 

X-Pro3

いきなりだけど「物欲」の強さを測ることができたら測ってみたい?

 

自分の生活はこの「物欲」がほぼ全てにおいて原動力になっていて

仕事をする理由はもうコレしかない

物欲を満たす為に金を稼ぎ、数あるものからなるべく自分の物欲を満たせるものを選ぶ

 

だから自分の物欲を測ったら世界トップランカーになれる自信がある

こんなことで誇っても仕方ないんだけど…

 

ただそれもとある1台のカメラを買ってからは事情が変わった

 

---------------------------------------------

 

さて今日の話題「X-Pro3

自分はこのカメラに辿り着くまでにたくさん遠回りをしたと思う

そしてX-Pro3を手に入れた今、他のボディを欲しくなるという現象が起きなくなった

 

もちろんX-T5は欲しい

けど、そこまでの物欲が湧かないんだよね

それもこれもGFX50SIIがあるからだと思うんだけど

ノスタルジックネガにも新鮮味は感じてないし、ピクセルシフトマルチショットも同様

6Kにも撮影の仕方から現状使い道を感じてない(FHDでも5インチ程度の画面なら十分)

 

X-T5道具としての完成度も高いし、カメラとしての魅力も満ち溢れている

それは分かるけど、きっとX-Pro4までAPS-Cを買うことはないと思う

 

ではX-Pro3の何が一体そこまでそうさせるのか…

 

9月に購入してから3ヶ月使用してのレビューも併せてX-Pro3の魅力を語ろうと思う

ガチレビューなのでとても長くなるから時間のある時にどうぞ

 

  1. 今の自分をX-Pro3が満たしてくれる部分

    所有欲
    まずコレでしょ
    もちろんカメラとしての性能も高いデザインという魅力を無視しても実用的
    AF速いし、ファインダーも狭いと感じることはない
    X-TransⅣの描写もあって満足度はとても高い
    でもそこにいつまでも眺めていられるほどの格好良さがある
    これってとても大事だと思う
    カメラをアクセサリー感覚でぶら下げてる人もいるらしいが、それでも持ち出せてる時点で持ち出されないカメラよりは良い
    シャッターを切ってこそのカメラだし
    X-Pro3を使ってる自分かっこいい」これでいいと思う
    それで持ち出して1枚でも写真を撮ればそれだけでいい

    ・スナップ機としての魅力
    スナップ撮影において大事なことは何か
    と語れるほど自分はスナップ撮影に特化してないけど
    その場に埋もれることができるというシンプルさがX-Pro3にはある
    デザインの話にもなるけど、例えばレンズをXF35mm F1.4 R
    ボディをX-Pro3X-H2で使い分けてスナップを撮ってたらやはりX-H2の方が目立つと思う
    それはカメラをよく知らない人から見たらX-H2ガチなカメラX-Pro3レトロなおしゃれカメラという印象を与えることが多いからだと思う
    歩行者の残像を入れたいのにカメラを意識してしゃがんでフレームアウトされたりすると狙っていた画にはならない
    場に溶け込んで狙った画を撮るという点ではX-Pro3は優れていると思う
    もちろんそれでいうとX-E4もとても良い
    ただX-E4にはない性能的魅力がX-Pro3にはある

    ・FHD動画60分連続撮影
    関税の関係で30分以上の動画撮影ができるカメラはビデオカメラとしての税率になるという制約があったから当時それまではPanasonicのGH5を除くほぼ全てのカメラが動画は29分59秒までしか撮影できない仕様になっていた
    その関税に関する記事はこちらがとてもわかりやすい

    av.watch.impress.co.jp


    その関税の制約がなくなった2019年2月以降に発売されたX-T4が何故か30分までしか撮れないが、2019年11月28日に発売されたX-Pro3FHDならば60分動画撮影ができる
    (放熱処理の問題ならばそれこそX-Pro3は苦手そうな気もするが…)
    実際、X-Pro3長回しするとボディはかなり熱くなるので心配な部分はある
    その点から考えるとX-E4X-S1030分までなのは頷ける  
    XシリーズではX-H2Sが出るまでこのX-Pro3連続動画撮影時間が一番長かった
    X-Pro3で動画なんて…これがみんなの共通認識で良いと思う
    使ってみて初めて分かったことだけど、ドライブモードを動画にするとX-Pro3はQメニューを開くことができない
    フィルムシミュレーションを変えたくてもメニューから入るしかない
    これは不便ではあるけど、基本的には三脚で固定したフィックスという状態でバンド活動の様子を長回しするだけなので大した問題とは感じてない
    むしろボディサイズと重量を考えると持ち出しやすい長回し用動画機なのだ


  2. X-Pro3に足りない部分

    正直、特にない
    こうだったらいいなってのはあるけど、なんでこれがないんだ!って機能はないなってくらい詰め込まれたカメラだと思う
    米国で話題になった液晶問題もあったがHidden液晶だったからローアングル撮りやすいってのもあるから液晶固定に関しては否定派
    他の部材では実現しなかったボディサイズだというなら仕方ないと思うし、あのデザインを100%のものにする為にバリアングルにしなかったというなら納得できる(バリアングルは液晶稼働部分が少しでっぱる)
    あえてこうなったらいいなっていう点を挙げるならばノーマルのブラックも軍幹部ロゴを刻印にして欲しかったかな
    (DRブラック、シルバーは刻印)


  3. もしX-Pro3がなければどれを買う?

    X-T5一択
    あれほんと良いカメラ、まじで欲しい←

        

大変長くなったがX-Pro3は語るにはとても大振りなカメラなのだ
職場の話にはなるがつい昨日も注文をもらったので欲しい人、購入検討してる人は今からでも遅くはないと思う

 

X-Pro3が手元にあるこの3ヶ月気持ちが満たされているし、日常の記録からガッツリとした撮影GFX50SIIでの撮影のサブとしても不満はない

とても完成されたカメラだと思う

 

この記事を書いていてX-Pro3が満たしてくれるものの大きさを改めて実感した

大事に使っていこうと思った

 

f:id:music_to_camera:20221205080151j:image

 

 

My 1st X

今回の話題「My 1st X

自分の初めてのXシリーズはX-Pro1

Xマウントのスタートを切るカメラがこのX-Pro1で本当に良かったと思ってる

まぁ手に入れた当時はこのカメラの価値をほとんど理解してなかったけど…

 

 

f:id:music_to_camera:20221204074107j:image

 

 

富士フイルムXマウントX-Pro1でスタートしたの素敵だと思う

多数に媚びない姿勢(個人の感想)がホント好き

 

だって2012年と言えば

CanonがEOS-1DX

f:id:music_to_camera:20221204202344j:image

NikonがD4

f:id:music_to_camera:20221204202401j:image

SONYがα99

f:id:music_to_camera:20221204202419j:image

OLYMPUSがE-M5

f:id:music_to_camera:20221204202439j:image

そしてPENTAXはミラーレス一眼のK-01

f:id:music_to_camera:20221204202540j:image

 

などなど

後世に残る名機達がひしめき合う2012年

CanonNikonSONYの3社は五輪での報道記者向けフラグシップを更新する勝負の年

まだまだ一眼レフ全盛期

ミラーレスは少ないシェアの中模索してユーザーを地道に増やしていこうという時

そんな中、一眼カメラ市場に切り込みに行った富士フイルムX-Pro1

しかもキットレンズが全て単焦点

 

最高だよ、ホント

如何に早く如何に成功率が高いかを競う業界を他所に1枚ずつしっかり撮ろうねーってカメラで登場

 

もちろん最初はレスポンスが悪いだのマクロのボタンが意味わからんだの賛否両論だったそうだが…

この10年、富士フイルムが作りたいものを作ってきてくれたおかげで今自分が楽しく写真や動画を撮ることが出来ているのだと思うと…

 

ありがとう富士フイルム!!

 

の気持ちでいっぱいだよ

 

友達にも自信を持って良いものだと勧めることが出来るし、使うこと持ち出すことに迷いもなければ憂いもない

そんなカメラたちを世に送り出してくれて本当に感謝ばかり

 

仕事上、他のカメラのことを知る必要があるしその中で魅力的に感じるものもたくさんある

それだけ各社より良いものを出そうと頑張っているんだと思う

その中でしっかりとユーザーの気持ちを掴んできた富士フイルムもとても素晴らしいメーカーだと思う

 

これまでの10年を楽しませてくれた富士フイルムのこれからの10年を楽しみにしてる

 

 

 

 

 

 

タイミング

やはり12月は忙しい…

なかなかフォトブック制作が進まずモヤモヤ(でも記事更新はする)

1日1日を大事にしようとすると24時間って短すぎじゃね?ってここ数年思ってる

というか労働時間が長すぎるんだよな

もっと文化活動に時間を割きたいものだなぁ…

 

みんなは写真撮れてるかな?

Twitterでのみんなの写真毎日楽しみにしてて、なるべく暇を見つけてはTL漁ってる

毎日いい刺激を受けることができて楽しい

 

あぁ、スナップ撮影に出かけたい

 

----------------------------------------------

 

 

さて、今日の話題「タイミング」とは

シャッターを切るタイミングって基本的にどんな撮影でも大事だと思うんだけど

それが思い描いていた通りバシッと決まると気持ちいいよねって話

 

ポートレートでもスナップでも動物や風景でも

ここだぁぁぁぁ

ってタイミングで切ってそれがジャストでめっちゃいい写真撮れてるとほんとに嬉しい

 

それが特別すごい技術を使って撮影したものでなくても

高級でハイスペックな機材を使って撮影したものでなくても

 

f:id:music_to_camera:20221202220138j:image

 

GFX50SⅡ  GF35-70mm

 

 

こういう構図でこういう写真を撮るようになったのはここ2、3年くらい

その数年の中でここまでジャストなタイミングで撮れた写真はなかったなって思う

 

こういう時って力みがちだと思うんだけど

この時は自然と肩の力を抜いてすんなりと撮れた

あまり意識をレリーズボタンに向けてなかったからかもしれない

 

肩に力が入ると逆にタイミング外したりブレてしまったり…

上手くいかない可能性の方が高い気がする

 

何度も撮ってその中で積み重ねてきた知識経験、そして

その全てがうまく重なって撮れた1枚ってやっぱお気に入りになるよね

 

たくさん撮って、たくさん考えて、そして良い写真が撮れるともっと撮りたいって思う

この感覚を味わえる限り写真を撮るって行為を辞めることはできないと思う

 

幸せな瞬間奇跡的な瞬間楽しい時感動的な時

そこにカメラがあるから形として残せる

 

アートとしての写真も好きだけど、記録としての写真も好き

どちらも豊かな気持ちになれると思う

 

今ではカメラに、写真に出会えたそのタイミングにとても感謝してる

気軽な中判デジカメライフ

自分のTwitterのTLには基本的にXユーザーの方しかいないのでリツイートとか話題のツイートとかじゃない限りFUJIFILM以外の話題が流れてくることはないんだけど

 

XF90mmの話題が盛り上がっていて楽しそうだなぁって思った

 

あのレンズね、マジで良いのよ

過去記事にも再三登場して褒めちぎってるけど

ほんとにいい

他人の評価を鵜呑みにするなとか言っておいてアレだけど、XF90mmは一度使うと撮影の概念変わると思う(大袈裟かもしれんスマン)

 

----------------------------------------------

 

さて今日の話題

気軽な中判デジカメライフ

ご存知GFX50SII、GF35-70mmのお話

 

レンズキットで約50万円って安くはないと思う

自分も断腸の思いで機材を換金して手に入れた…

今ではむしろ発売日に手に入れて心底よかったと思っているけどね

 

それもこれもGF35-70mmのおかげ

 

と言うのも夏の終わり頃

人もまばらな九十九里浜でスナップ撮ってたんだけど

まぁ風の強いこと、舞い上がる砂に何度も目をやられながらの撮影だった

そんな中をGFX50SIIGF35-70mmで撮影してた

 

WRだから安心感ある上に写りも良くてキットで買えば実質5万円って

安すぎ

実際、撮影後に軽く掃除しただけで綺麗になるし砂がジャリってなることもなかった

キットレンズがGF35-70mmでほんとによかった

 

 

 

f:id:music_to_camera:20221201224739j:image

 

GFX50SⅡ  GF35-70mm

 

 

ラージフォーマット立体感解像度ボケ量を楽しむには気軽で十分

テレ端解放での自然でなだらかなボケが心地よい

 

いかにレンズを買い足してもこのGF35-70mmは手放す必要がないと思える

それほど信用できるレンズ

今度作るフォトブックでもGF35-70mmを使って撮った写真が割と多い

 

ぜひこのGF35-70mm中判デジタルデビューをしてみてはいかが

きっと一層撮影が楽しくなると思う

アスペクト比

あっという間の2022年

今日から12月…

仕事柄、12月は繁忙期なのでみるみるうちに時間が流れてしまう…

今年1年を振り返って記事はまた月末にでも書けたら良いかな

 

ちなみに今年の1/1静岡県の下田で星景写真撮ってたなぁ

今年は撮影に出かけない予定だけど…

 

----------------------------------------------

 

さて、今日の話題

アスペクト比」なんだけど

そもそもこれを気にするきっかけになったのがGFX

35mmフォーマットAPS-C3:2

対してラージフォーマットGFX4:3

これまで使ってきたフィルムカメラ135mm6×9だから3:2

 

新鮮だった

 

誰かがTwitterで言ってたんだけど

GFXで撮ったらインスタで投稿する時トリミングしなくていから楽

これね、ほんと楽

自分のインスタは割と奔放に写真をアップしているのでコンセプト違いのここには

公開しないけどね

 

それからGFXでの撮影が増えてそれが自然になった時

Xシリーズでの撮影はどこか手持ち無沙汰というか…

縦位置だと空間が余りがちになった気がする

 

あとなんか窮屈だなって感じるようになった

今ではX-Pro3も頻繁に使っているから臨機応変というか少し広めにフレーミングするようになった

それもあってきっとNOKTON23mmも使いやすいって感じるようになったのかもしれない

 

 

f:id:music_to_camera:20221130205901j:image

 

X-T4   XF35mmF1.4 R

 

名コンビ

 

ほんと使いやすい組み合わせだと思う

この日は行徳駅の近くで撮影があって、その後夕飯を駅近くの焼肉屋で食べようと待ち合わせをしていたのでそれまで暇つぶしにスナップ写真を撮ろうと思ってこの組み合わせ

 

この時ピント合わせた後一度カメラ下ろして1歩くらい下がって撮った

 

この感覚が掴めるまでなかなか時間がかかった気がする

ん…狭いな」っていうのが2022年上半期は多かった

 

GFX50SIIGF63mmをつけて撮影している時はどちらかというと寄るアクションを取ることが多い気がする

それはきっと4:3が少し正方形に近いからだと思う

今までの感覚で言うならばXF27mmをつけている時のワーキングディスタンスに近いかもしれない

 

アスペクト比が及ぼした思わぬ違和感は撮影スタイルにも影響があった

 

時折、アスペクト比を変えて撮ってみると新しい発見があるかもしれない