koyuki. fujifilm log

富士フイルムのカメラとレンズの感想文みたいなブログ

X-TransⅡ

X-Trans cmos sensorも第5世代

第1世代のX-Pro1を自分が初めて手にしたのは今から6年前のこと

解像度ボケ…当時はよく分かってなかったけどそれでも分かる質の高さ

写真を撮るのがとにかく楽しかった

それから矢継ぎ早に鞍替えしX-T1、X-T2、X-T4…と世代を繰り上がりながらフジの色を楽しんだ

 

X-H2S描写素晴らしい

第5世代のセンサーの進化をとても感じた

A4のプリントまでであればかなり満足できる

 

そんな最新機種が発売されようとしている時に

自分はX-T1で撮影していた

 

f:id:music_to_camera:20221124174424j:image

 

X-T1  XF35mm WR

 

お気に入りの組み合わせ

 

X-TransⅡノイズ耐性がやや難あり

当然と言えば当然だし、当時からすればかなり綺麗な方だったとは思う

その為ISO800が限界だった

F5.6では被写界深度もやや浅めなのでキリッとした描写にはならないだろうが、手持ちの限界だった

 

このなめらかなグラデーション

これを推したい

X-TransⅡにしか感じられないこの絶妙なトーン

甘くもあり力強さもある

クセになる描写

X-TransⅣやVでも似た様な描写にはなると思う

世代が変わっても同じ色で撮れる様設計されているとのことだ

でもX-TransⅡにしかない絶妙さがある

 

もしその世代のカメラを手にする機会があればぜひじっくりと味わう様に撮影してみて欲しい

きっとクセになってやめられなくなるだろうから